外装塗装リフォームしないとどうなるんだろう

外装塗装の見た目が悪く崩れてきちゃう

外装塗装にはどうしても耐久年数がありますよね。もちろん雨や風などによって壁自体が汚れ、それによって見た目も汚らしくなってきてしまうでしょう。その為、ある程度耐久年数を経過した場合であれば、外装塗装はリフォームするのが一般的であり必要なことです。ですが、それらをしないという人もなかにはいます。リフォームせずにそのままにしておくと、汚れはより一層きたなくなり見た目も悪くなってしまうでしょう。また、耐久年数を超えることで最初に塗った塗装は剥がれ落ちてしまい、外壁がボロボロになってしまいますよ。

外壁内部部分へ劣化が進む

耐久年数を過ぎてもリフォームせずにいると、外壁塗装の耐久は殆どないと同じ状態になります。そうなると、本来外壁として家を守るための耐水性がない状態ですので、雨などによる水分や湿気などを防ぐことができなくなります。同時に耐熱性や断熱性もなくなります。やがて外壁のかべにはヒビ入ってしまうでしょう。そうなると外壁で守られていた家の中にまで、劣化の原因になりますよ。壁が水にぬれて腐ったり、カビが生えたりと様々な影響が出てきてしまいます。

家自体が傾いて雨漏りしてくる

外壁をリフォームせずに劣化の進行をそのままにしていくことで、やがて部屋の内部までに劣化が進んでいきます。そうなると、柱や壁は雨などの水が浸入することで腐食したり壁が反ったりしてしまいます。徐々に腐食は進みますので、やがて屋根にも穴があき雨漏りの原因にもなるでしょう。それでもリフォームせずに放置しておくと、やがて壁のヒビは大きくなり壁自体が崩れてしまう事態にもなりかねません。そして最終的には家が傾いてしまうこともありますよ。

外壁塗装なら鎌ヶ谷で依頼しましょう。なぜなら、数多くの塗装会社が存在していますので、選択肢が豊富だからです。