マンションは購入して安心してはいけない!購入後の注意点

管理組合を通じた管理が資産価値を維持する

念願のマンション購入を果たしたら、自分の城で楽しく暮らしていくことに集中したいと考えるのが普通でしょう。しかし、マンションは購入後も安心してはいけない点がいくつかあります。その一つが管理組合を通じた管理です。居住者が協力して資産価値を維持する活動を怠るとマンションの価値が下がってしまいます。最悪の場合、住人のモラルが下がってしまい、楽しい生活を送るための環境がなくなってしまう可能性もあります。積極的にマンションの管理レベルの維持向上に関わっていくといいでしょう。

修繕積立金に対する備えを

マンション購入後に注意したいもう一つの点は修繕積立金です。入居時に確認をしていたとしても、いざマンションに人が住み始めると修繕計画が当初の予定とは違ってくることもあるでしょう。また、当初予定通りだったとしても、新築後15年から20年経つと、修繕積立金が一気にあがるという設定をしている場合もあります。修繕積立金の支払いの用意をすることと、修繕計画と実績がどのように推移しているかを注視することが大事になるでしょう。

新築マンションの瑕疵は10年以内なら保証される

新築マンションを購入した場合は、購入後10年という期間を意識しておく必要があるでしょう。品確法によって、新築の居住用物件については、建物の主要な部分の瑕疵について販売や建築をした業者が無償修理等の対応をすることが義務付けられています。そのため、10年以内に雨漏り等の不具合が生じた場合は、無料で修繕をしてもらえることになるでしょう。知らないと損をする可能性もあるので、しっかりと理解をしておきたいものです。

つくばのマンションは郊外に位置しながらも便利な都市環境にて生活ができますから良いマンション探すならここで探しましょう。