こだわりの注文住宅を建てたい!でも、どこに相談すればいい?

ハウスメーカーの分かりやすい設計プラン

趣味に没頭できる部屋、風情ある中庭、大胆な吹き抜け…あこがれの家作りを始めるとき、実現の鍵をにぎるのは設計・施工をしてくれる業者です。その業者の形態は大きく分けて3つあります。1つ目はハウスメーカー。業者として規模が大きくマニュアル化も進んでいるため、カタログを見ながらイメージを具体化させてプランを進めていけますし、施工自体が早いです。設計自体はセミオーダーになるので、ある程度のマニュアルの中で自由に作りたい人向けで、独創的な家作りには対応できない場合が多いかもしれません。

地域密着型の工務店で、一貫した家作り

工務店は設計と建築の両方を受け持つので、施工主の要望に柔軟に応えてくれます。その地域のプロフェッショナルなので、土地の特徴も知り抜いていますし、完成後のアフターフォローも地元ならではで、安心できるのがメリットでしょう。設計については工務店によりけりで、スタイリッシュなデザインや最新の仕上がりといった家作りは難しい場合もあります。ただ、「デザイン工務店」と呼ばれる自由な設計の得意な工務店も増えてきており、思い描いていたとおりの素敵な住宅が実現できるようになっています。

建築設計事務所で自由にデザイン

設計事務所は何といっても自由自在な設計が可能なので、個性的でこだわりのある家作りがしたい人にはピッタリです。施工主の意思を汲んで提案をしてくれるので理想を叶えることが可能。その反面、全くゼロからのスタートとなるので色々決めていくのには時間がかかり、何度も話し合いを繰り返すという根気強さが要ります。仕事を任せる建築家との相性は大きなポイントですので、早めに見極めておきたいですね。いかがでしたでしょうか?住みたい家にどの程度の個性を求めているのか、何を重視していてどれだけ設計に労力をかけられるのか等で、適した業者も変わってきますね。素敵な注文住宅を建てるために、じっくり検討しましょう。

注文住宅で建てることで自分の理想を反映した満足出来る住まいの実現が可能なので選んでみるのも良いでしょう。